【景品表示法に基づく表示】当サイトのコンテンツには商品PRが含まれます。
When you buy through links on our site, we may earn an affiliate commission.

海外

海外出張 LCC(格安航空)は移動手段としてありなのか 【LCCとFSCを簡単に比較】

タイトル通り、海外出張にLCC(格安航空)ってOKなん?

そんな質問を受ける時があります。

そんな時の私の答えは、「次の条件によって使い分ける」です。

LCCを活用しない時

  • 出張の予定がカツカツな時
  • 海外出張に慣れていない同行者がいる時

LCCを活用する時

  • 海外から日本に出張する時
  • 出張スケジュールにゆとりがある時

言い切ってしまいますが、LCCを活用するメリットは「安い」というただこの一点のみです。

そして、この「安い」というメリットの為に、LCCはその他のサービスを犠牲にしています。

海外出張にLCCを活用する際は、犠牲にしたサービスによるデメリットの影響をどの程度受けるのか状況を判断して使い分けることが肝要かと思います。

ということで、安かろう良かろうとか言ってる奴はふざけんなが今回のテーマです。

安いには安いなりの、高いには高いなりの理由があるのが普通じゃん!!っていう私の主張に埋め尽くされている内容です。

LCCってなに?

LCCってなに?

LCCとは「Low Cost Carrier」 の略称で、名は体を表すかの如く「安いコストの航空会社」です。

一般的にはJALやANAなどFSC(Full Service Carrier)やレガシーキャリアと呼ばれる航空会社よりも安い航空運賃を提供している航空会社の総称です。

運行会社は様々ですが、各社ともに運用する飛行機の回転率や人件費、できる限り抑えたサービス、FSCの同一機と比較して座席数を増やすなどの工夫で格安運賃を実現しています。

代表的なLCCとしては、ピーチ、ジェットスター、バニラエア、スプリングジャパンなどです。

航空会社によってサービスは色々ですがLCCとFSCのベーシックなプランを選んだ際のざっくりとした違いは下表の通りです。(表は横にスクロールできます。)

項目LCCFSC
運賃FSCの半値くらいになることもLCCより高い
機内サービス有料無料
預け荷物有料無料
機内持ち込み荷物7〜8kg10kgまでのとこが多い
座席の指定有料無料
座席の広さ狭め広め
旅程変更有料無料
キャンセル不可無料または手数料が掛かる
搭乗口遠い
(搭乗口が空港の端っこが多い)
近い
上級ラウンジ無い上級会員は無料
欠航などに対するフォロー自力で別便確保が必要なケースが多い
(料金が追加で掛かるケースもある)
別便の準備などサービスがある
(予定に合わなければ自力の必要ある場合も)
遅延などの状況比較的発生しやすい比較的発生しにくい
2023年10月現在

上記の通り、FSCは運賃意外にも、機内サービスや通常運行できない場合の対応準備などにもコストがかかっていることが分かります。

一方LLCは、機内サービスの廃止、運行スケジュールの狂いなどには最低限の対応のみなど、飛行機を飛ばす以外のコストをなるべく抑えていることが分かります。

LCCはFSCと比較して圧倒的に運賃が安い理由はここにあります。

そして、海外出張においてLCCとFSCの違いで着目すべきは、「運賃」「旅程調整のしやすさ」「トラブルに対するフォロー」の3点だと思います。

海外出張の移動手段でLCCかFSCかの判断基準

海外出張の移動手段でLCCかFSCかの判断基準

先述の通り、判断基準は次の3つを重視するのがいいと思います。

  • 運賃
  • 旅程調整のしやすさ
  • トラブルに対するフォロー

その他のサービス面の差を考慮しない理由は、特に海外出張に影響を及ぼすことはないんじゃないかなと思うからです。

座席の広さはあったら嬉しいですが、狭めだからといって問題があるわけではないです。

荷物関連は、私は基本的には7kg以内に収まるような荷造りをしていますし、機内持ち込み不可な持ち物は持たないようにしているので、あまり気にしていません。

関連記事:海外出張の持ち物は「軽く・少なく」がモットー 年間200日出張の荷物を減らす試行錯誤

そして、上記の3つの判断基準と「海外出張のスケジュール」「行く人員と経験」という実際の状況を組み合わせて、LCCとFSCのどちらを活用するかを考えています。

その詳細が冒頭でも触れた以下のシチュエーションになります。

出張の予定がカツカツな時

個人的にはFSCを活用した方が良いと思うケースです。

LCCのコスト削減方法の特徴の一つに飛行機の機種を同一のものにできるだけ統一し、運用機体数を少なめするというものがあります。

同一機種に揃えることでメンテナンスコストを、機体数を抑え1機あたりの回転率を上げることで機体コストを抑えることができます。

これがLCCの安さの秘密でもあるのですが、遅延や欠航になりやすいデメリットを抱えることになります。

その為、海外出張の予定がカツカツだったりするとトラブルの原因になってしまうかもしれません。

実体験として到着地の悪天候が理由で12時間くらい空港に待たされたことがあります。

先述の通り、少ない機材を高回転で運用しているので、到着地からの戻り便が飛ばせなくなった時に、その後の便にも影響が出てしまいます。

薄利多売の要素があるLCCにとって、欠航となってしまう便が増えるほど痛手になります。

その為、戻って来られない可能性があるならば、一つの便を犠牲にしてでもより多くの便が飛ばせるような体制になっています。

実際、空港で待っている間も他のFSCは同じ到着地へ飛行機を普通に飛ばせていました。

出張スケジュールがタイトな時には、運賃の安さというメリットよりも旅程調整の難しさというデメリットを考慮してFSCを活用した方がいいかなと思います。

海外出張に慣れていない同行者がいる時

こちらも個人的にはFSCを活用した方が良いと思うケースです。

海外出張に慣れていない人と一緒に行動する時は、自分のことだけでなく同行者にも気を遣う場面が多いと思います。

なぜなら海外出張にはトラブルが何かと付きものだからです。

そして、その中でも飛行機に関するトラブルは案外多いです。

機材トラブル、天候不良など、現地だけでなく使用機体の出発地の影響も受けるので、思わぬ遅延や欠航などのトラブルに巻き込まれます。

もし搭乗予定の便が欠航となると、便の振替や場合によってはホテルの手配などを行わなければなりません。

自分一人だけだと何とも思わないのですが、海外不慣れな同行者がいると不安な気持ちへのケアとか、相手の分の手配を行うとか、ややこしいことが増えがちです。

この時、少しでも作業量を減らしたいと思うとLCCよりもFSCの方が楽です。

欠航理由が航空会社都合か不可抗力か、サービスが航空会社ごとに違うので、実際に遅延や欠航に遭遇した場合は手配していた航空会社にお問い合わせください。

FSCはフォローが手厚い

FSCは別の便の手配やホテルなどの手配など、条件にもよりますがフォローが手厚いです。

何度かありましたが、空港からホテルまでのバスと翌日の便の手配など、かなりスムーズに対応してもらった記憶があります。

LCCはフォローが少ない、もしくは無い

振替便の手配、便が翌日以降しか無い場合のホテル手配などを一から自力でやらなければいけないケースが多いです。

もちろん、サービスの内容は航空会社にもよるので、それなりに対応してくれるところもあるのですが、FSCと比較すると自力でやるべきことは多い傾向があります。

自分以外の人のケアが必要なケースは、「運賃の安さ」というメリットよりも、「トラブルに対するフォロー」というメリットを重視する方が幸せな気持ちになれると思います。

余談ですが、

LCCだからなのかは不明ですが、対応してくれたスタッフによって同一航空会社でもサービスが変わったという厄介な経験があります。

どちらも天候が理由の欠航だったのですが、ある時は塩対応の上に結局自力で振替便の手配をすることに。

しかし、ある時は振替便どころかその後の乗り継ぎ便まで調整をしてくれました。

さらに言うと、その航空会社の規定では不可抗力の場合は返金がなく、新規予約扱いとなっていたはずなのですが、追加料金も発生しませんでした。(そのスタッフの人は相当な上級職の人だったんですかね?今となっては、理由は不明です。)

もしかすると土地柄もあるかもしれないので、FSCでも同じことが起きるかもですが、、、

関連記事:海外出張や駐在で文化の違いに面食らった時の乗り切り方

海外から日本に出張する時

個人的にはLCCで大丈夫じゃね?と思うケースです。

一つ追加条件があるのですが、1日早く日本に到着するスケジュールにしておきます。

日本行きの時に遅延や欠航のトラブルが発生するかもしれませんが、1日確保しておくことでリスクを減らすことができますし、ホテル代も日本であれば航空券代の差額の恩恵の方が大きいです。

さて、なぜ海外から日本への出張であればLCCでもいいんじゃね?と思うかというと以下の理由があります。

  • 出張スケジュールが予定通り
  • LCCの日本拠点や支社は比較的サービスが手厚い

まず一つ目の理由ですが、日本に出張すると予定通りに仕事が進むケースが多いです。

何言ってんだ?と思うかもしれませんが、海外を拠点に仕事をしていた時は出張スケジュールの変更を余儀なくされることが結構ありました。

「試作品が完成したから検査に来てくれ」「手配していたアイテムが届いたから打ち合わせをしよう」などなど、先方からの連絡で出張を組むことがあるのですが、現地に行くと「試作品が完成していない、、、」「港に届いただけで通関中、、、」とか、え?話違うくね?ってなることが大分あります。

いや、ちゃんとホントにちゃんと確認しなかったこっちも悪いんですよ、、、悪いけどさぁ、、、

関連記事:海外出張のトラブルまとめ 本当にあったびっくりな話

こうなると出張スケジュールを変更しなければいけないのですが、LCCは自己都合によるスケジュール変更に対しての返金は無しでチケットの取り直しが必要です。

LCCを活用するメリットは「運賃の安さ」一点なわけで、返金なしのチケット取り直しではメリットが打ち消されてしまいます。

しかし、日本ではそんなことは稀なケース。日本出発の予定を変更することもないので、「運賃の安さ」というメリットをしっかり享受できます。

そして、二つ目の理由。

サンプル数が少ないので私の偏見かもしれませんが、LCCであっても日本でトラブルに巻き込また時は、しっかり目のフォローを受けることができます。

成田が目的地の便が天候などを理由に、目的地を関空に変更なんてことがたまに起きます。

LCCを使っていたので、大阪でホテル探すかーと考えていたのですが、航空会社がホテルの手配と宿泊費、および大阪東京間の移動代を準備してくれていることがありました。

実際に航空会社に理由を確認したわけはないのですが、LCCでもしっかりとした補償を提供してくれることもあるんだなーと驚いた記憶があります。

この例は、極端かもしれませんが、LCCであっても日本だとできる限りの対応を取ろうとしてくれるのでLCCらしからぬ安心感があります。

LCCには安いからこその不自由さがあるのですが、目的地が日本だとその不自由さが薄まるので、LCCを出張の移動手段にしてもいいのかなと思います。

出張スケジュールにゆとりがある時

個人的にはLCCが一番お似合いのシチュエーションです。

LCCの弱点である「旅程調整の難しさ」が障害にならないので、最大にして唯一のメリットである「運賃の安さ」を安心して受けることができます。

問題点があるとすれば、海外出張という仕事の領域においてゆとりあるスケジュールを組めることってあんまりなくない?という点です。

時間も有限な資源なので、「お金」と「時間」を天秤にかけてどっちを大事にするかが判断のポイントになるかもしれません。

LCCとFSCどちらにも良し悪しはあるが、安かろう良かろうなんてねーよって話

LCCとFSCどちらにも良し悪しはあるが、安かろう良かろうなんてねーよって話

一般的に飛行機は高額な移動手段です。

機体代やリース代はもちろんのこと、空の上で万が一が発生しないようにメンテナンスや安全対策、パイロットの育成など、欠かせないコストが凄くかかるわりに一度で運べる人数や便数には限りがあります。

さらに快適な移動とする為のサービスやスケジュールに狂いが出ないようにバックアップの機体を整えようと思うと一人当たりの単価を上げるしかないので航空券代はそれなりの金額になってしまうのは仕方がないことです。

というわけで、運賃を安くしようとすると安全性に関係のないところから削っていくことになるので、サービスの廃止はもちろんのこと、予定通りに飛行機飛ばなくても仕方ないよねー、と割り切った心構えがLCC活用には必要です。

個人的な考えですが、全てのものごとにおいてサービスを提供するにはコストはかかるんだよってことを忘れずにいたいと思っています。

無料サービスなんて言葉がありますが、本来は存在しないトレードオフな関係の「無料」と「サービス」を無理矢理くっつけているもので、どこか別の部分で犠牲が生まれています

無料サービスに甘えていると巡り巡って自分に跳ね返ってくる、そんな気がします。

まとめ

LCCは海外出張の移動手段としてありかどうかは状況次第です。

海外出張のスケジュールに弾力を持たせることができたり、自分一人だけでトラブルがあっても淡々と対処していけばいいだったりという状況であれば、LCC唯一無二の激安というメリットを最大限活かせると思います。

以上、最後までありがとうございます。

-海外