【景品表示法に基づく表示】当サイトのコンテンツには商品PRが含まれます。
When you buy through links on our site, we may earn an affiliate commission.

海外

海外出張 買い切り型のeSIMサービスのおすすめ(出国前に通信環境を整える)

eSIMが徐々に普及するにつれ、その利便性が上がってきました。

以前は海外出張で通信環境を整えるとなると現地のSIMカードを入手するか、携帯型Wi-Fiルーターをレンタルするか、の2択が現実的な選択肢でしたが、eSIMが普及したことによって選択に幅を持たせられるようになりました。

従来の通信環境には無かったeSIMの強みには次のようなものがあります。

メリット

  • 出国前に複数国の通信環境を整えられる
  • オンラインで完結できる
  • 物理的に準備するものがない(荷物を減らせる)
  • 比較的安価に済ませられる

したがって、煩わしい現地SIMの入手や準備、携帯型Wi-Fiなどの荷物増、などがめんどくせぇ、、、と感じていた人に有効な選択です。

もちろん従来の通信環境だからこそのメリットもありますし、選択肢が増えるということは、自分に合った通信手段はどれ?といった悩みが出てくるのも自然な流れ。

ということで、今回のテーマはお手軽eSIMサービスってなんかある?です。

とりあえずeSIMサービスの比較が見たい、という人は海外出張用におすすめのeSIMサービスの比較一覧をご覧ください。

eSIMって何ぞや?

eSIM (embedded SIM) とは、読んで字の如くデバイス内蔵型SIMのことです。

通常のSIM(いわゆる物理SIM)には、あらかじめ加入者を識別する為の情報が記録されていて、保存された情報を基に通信が行えるようになります。別のサービスのSIMを使う場合はSIMの差し替えが必要です。

eSIMの場合は、デバイスと一体化させることで、加入者情報をオンライン上からダウンロードして保存する方法を取ります。そして、この情報は追加や削除などが自由に行え、複数のサービスを同時に保持できます。(同時に使用できる数には限度がありますが)

つまり、物理SIMの差し替え不要、物理SIMの持ち歩き不要、オンラインで作業完結、といったお手軽さや事前準備のしやすさが、eSIMの特徴と言えます。

ただし、eSIMに対応していて、かつSIMフリーの機種でしか使えない為、場合によっては新たにデバイスを準備しなければいけない点は注意が必要です。

海外出張用買い切り型eSIMの使い方

基本的な使い方は、どのサービスでも同じです。

基本情報の登録を行い、希望するプランを購入します。プロファイルと呼ばれる加入者(購入者)情報をデバイスにダウンロード(アクティベートと表現されることも)、モバイルデータ通信回線の切り替えを行います。

注意点は、エラーが発生してもダウンロードしたプロファイルを削除しないことです。サービスによっては、使用中であれば新規購入、未使用でも別途手数料を支払ってプロファイルの再発行になります。エラーが起きた際は、まずは問い合わせを行うようにします。

登録自体は無料のサービスが多いです。

大まかに説明すると上記で完了です。

各サービスで、アプリの提供があったり、アプリの使用感が違ったり、プロファイルのダウンロード(アクティベート)方法がQRコードや文字列コードの入力だったりと細かい点に違いはありますが、根本的なシステムは同じです。

trifaというサービスが日本語の説明動画を提供しているので、そちらを参照すると使い方が分かりやすいかもしれません。

海外eSIMアプリはトリファ|スマホそのまま海外でもつながる

海外eSIMアプリはトリファ|スマホそのまま海外でもつながる

ERAKE Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

eSIM対応機種

  • iPhoneXR以降
  • Pixel 4以降
  • Xperia 1 IV / V
  • Galaxy S23 / S23 Ultra

上記はeSIM対応機種の一例です。

どんどん新しい機種が出るので全てを書き切ることは難しいですね、、、自分の機種の仕様をググって確認が間違いないです。

ちなみに、iPhone13以降、Pixel7 / 7Pro以降はeSIMとeSIMによるDual SIMに対応しています。

海外出張にeSIMが有効な場合

先述した通り、eSIMのメリットは次の通りです。

メリット

  • 出国前に複数国の通信環境を整えられる
  • オンラインで完結できる
  • 物理的に準備するものがない(荷物を減らせる)
  • 比較的安価に済ませられる

では、デメリットは?となると次のことが考えられます。

デメリット

  • eSIM対応かつSIMフリーの機種が必要
  • テザリングを使うと電池の消耗が激しい
  • 複数人でのシェアには向かない
  • eSIMに有効期限がある

以上を踏まえると、eSIMが有効な海外出張は次の状況だと考えられます。

  • 一人の海外出張、または単独行動が多い
  • 複数の国へ渡航する
  • 外で頻繁にテザリングを行わない
  • 煩わしい手続きや返却は避けたい
  • 毎月同じ国に行くとは限らない

海外出張用におすすめのeSIMサービスの比較一覧

サービス名trifaairaloUbigikkdayHolafly
ロゴ
(クリックで、
引用元公式サイト)
運営会社(株)ERAKE
(日本)
AirGSM Pte. Ltd.
(シンガポール)
Transatel
(フランス、親会社はNTT)
kkday
(台湾)
Holafly
(スペイン)
通信・データ通信・データ通信
・一部音声通話
・データ通信・データ通信
・一部音声通話
・データ通信
・一部音声通話
アプリ対応
テザリング×
対応国数195200以上200以上90以上160以上
日本語対応
チャット

メール

メール

メール

メール
再インストール××
(5回まで)
不明不明
返金対応××不明
アジア周遊2,170円
(12ヵ国)
(3GB)
(7日間)
$13
(14ヵ国)
(3GB)
(30日間)
$15
(15ヵ国)
(3GB)
(30日間)
$9.89
(7ヵ国)
(5日間 x 無制限)
(1GB/日超で速度制限)
$27
(11ヵ国)
(5日間 x 無制限)
ヨーロッパ周遊1,650円
(28ヵ国)
(3GB)
(7日間)
$13
(39ヵ国)
(3GB)
(30日間)
$10
(33ヵ国)
(3GB)
(30日間)
$10.62
(42ヵ国)
(5日間 x 無制限)
(1GB/日超で速度制限)
$19
(32ヵ国)
(5日間 x 無制限)
アメリカ1,650円
(3GB)
(7日間)
$11
(3GB)
(30日間)
$8
(3GB)
(30日間)
$9.08
(5日間 x 無制限)
(1GB/日超で速度制限)
$19
(5日間 x 無制限)
ブラジル1,650円
(3GB)
(7日間)
$11
(3GB)
(30日間)
$29
(3GB)
(30日間)
$19
(5日間 x 無制限)
カタール1,870円
(3GB)
(7日間)
$12
(3GB)
(30日間)
$35
(3GB)
(30日間)
$27
(5日間 x 無制限)
エジプト2,690円
(3GB)
(7日間)
$17.5
(3GB)
(30日間)
$26
(3GB)
(30日間)
$15.59
(5日間 x 無制限)
(1GB/日超で速度制限)
$27
(5日間 x 無制限)
南アフリカ1,520円
(3GB)
(7日間)
$11
(3GB)
(30日間)
$8
(1GB)
(30日間)
$27
(5日間 x 無制限)
オーストラリア1,650円
(3GB)
(7日間)
$9
(3GB)
(30日間)
$29
(OZ + NZ)
(3GB)
(30日間)
$11.22
(5日間 x 無制限)
(1GB/日超で速度制限)
$19
(5日間 x 無制限)
2024年1月現在

価格や対応国の数がまずは気になるポイントです。

しかし、それ以外の特色も知っておきたいところ。なぜなら、海外出張ではトラブルや急な予定変更も多く、その辺の対応がイマイチだと余計な仕事とストレスが激増します。

面倒ごとをどれだけ避けられるかも海外出張用のeSIMには求めたい機能です。

ということで、各サービスをもう少し掘り下げて見ていきます。

ちなみに、どのサービスも登録自体は無料で行えます。気になるものがあったら登録だけでも済ませておけば、いざ使おうとなった時にすぐにプランの購入に進めます。

trifa(トリファ)

trifa top
引用:trifa

対応国、価格、サポートなどサービス全体が平均以上の優等生サービスです。

このサービス一つで、どの地域でも安定した価格で通信手段が手に入ります。複数サービスを都度切り替える煩雑な作業を避けたい人に向いています。

iOS / Android どちらにも対応しているアプリが提供されており、アプリ上でアカウント登録 〜 ダウンロード(アクティベート)まで完結させることができます。内容はシンプルで、国やプランの選択、ダウンロード(アクティベート)、アカウント管理の画面だけです。

海外eSIMアプリはトリファ|スマホそのまま海外でもつながる

海外eSIMアプリはトリファ|スマホそのまま海外でもつながる

ERAKE Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

トラブル対応も優等生で、私トラブルが発生した際にチャット経由でやり取りをさせてもらいました。

最初はAIっぽい英語チャットからスタートでしたが、すぐに人が返信したと思われる(個人の感想)日本語チャットに切り替わりサクッと解決してもらいました。

trifa refund
引用:trifa

多くのサービスでキャンセル不可ですが、オプション追加で未使用時であればキャンセル可能なサービスがあるので、急な予定の変更にも対応できます。

難点は、データ容量の追加や新規eSIMの購入はインターネット接続が必要なところ。

出先でデータを使い切ってしまうとフリーWi-Fiなどインターネット環境を探す必要があるので、データ容量残には注意が必要です。

データ容量にゆとりを持たせると、プラン間の容量の幅が大きく、有効期限もあるので、容量が無駄になることもありえます。

とはいえ、買い切り型のeSIMの宿命なので、他サービスでも大小あれど同じではあります。

airalo(エラロ)

airalo top
引用:airalo

eSIMサービスの中で世界的に有名なものの一つかと思います。

対応国の数だけでなく、広い地域で優秀な価格を維持しているので有名なのも納得です。特にアジア、オセアニア、アフリカ地域で安いというイメージです。出張先がその辺りであれば検討の余地がありです。

trifa同様、アプリは非常にシンプル。やるべきことがすっきりしているので操作に迷うことはありません。

海外発ですが、日本語など複数言語に対応しています。

Airalo: eSIM 旅行とインターネット

Airalo: eSIM 旅行とインターネット

Airalo無料posted withアプリーチ

airalo reachable
引用:airalo

airaloのeSIMを使用していれば、データ容量や有効期限が切れてもairaloのアプリに接続可能なので、いつでもデータ容量の追加や新規eSIMの購入ができます。

サポートも日本語対応して、24時間365日メールやチャットでのやり取りができます。

正直、airaloでトラブルが発生したことがないのでサポートの質がどれくらいか分かりませんが、評判を見る限り問題はなさそうです。

注意点は、eSIMの有効期限が短めなのでデータ容量が大きいプラン選択時には注意が必要です。

また、日本では回線が遅いという情報を何度か目にしました。海外に行くには関係ありませんが、友人が日本に訪れる際には情報を収集した方が良さそうです。

Ubigi

Ubigi top
引用:Ubigi

ヨーロッパ、アメリカの価格帯が優秀なeSIMサービスです。親会社は、なんとNTTです。

買い切り型の中には有効期限が1年間のプランもあるので毎月同じヨーロッパに出張があるような人に向いています。

200以上の国と地域でサービスを提供している特徴もあるので、多少の価格差が気にならないという人は、このサービス一つで十分かも。

Ubigi 5 times
引用:Ubigi

他にも、誤ってeSIMを削除してしまっても5回までは再インストールが可能なので安心です。

多くのeSIMサービスではインストール用のコードは一度しか発行されません。不具合が起きた時は再インストールを試みるというありがちなケースにも対策がなされているのは有難い。

airalo同様、UbigiのeSIMを使用していれば、データ容量や期限が切れていてもアプリに接続可能なので、容量や期限を気にすることなく使用できるのも良い点ですね。

サポートは日本語対応していてメールなどの文章のやり取りで24時間365日対応してくれます。ウェブやアプリも同じく日本語でOKです。

難点というか、意識的にやっているのだと思いますが、今回紹介するサービスの中でも得意な地域と他の地域との価格差が大きいです。ニーズを絞ったサービスを提供しているので、活用する側も特性を理解して使うのが吉です。

kkday

kkday top
引用:kkday

海外用eSIMサービスだけでなく、宿泊施設、移動手段、アクティビティなど総合的なサービスを提供している会社です。

海外出張だけでなく海外旅行にも色々と使えそうです。

無制限プランが設定されている上に、単価で見ると今回紹介する5つのサービスの中でも優秀です。データ容量がともかく欲しい、高コスパを探している、という人には一見の価値ありなサービスです。

eSIMの有効期限を1日単位から選べるので、スケジュールに細かく合わせた手配も可能です。

他サービス同様、ウェブサイトだけでなくアプリも提供されており日本語にも対応しています。

難点は、対応国の数が他サービスと比較して少ないところです。対応国を見ると、どちらかというと観光地に特化したサービスなのかもしれません。

Holafly

Holafly top
引用:Holafly

スペイン発のデータ容量無制限が売りのeSIMサービスです。

160以上の国に対応しており、ヨーロッパであれば音声通話も使えます。

知り合いであればデータ回線さえあればSNSを利用した通話が可能ですが、会社など電話でなければ、、、という時にも対応できます。

Holafly refund
引用:Holafly

基本プランでも返金に対応してくれる数少ないサービスでもあります。購入後にeSIM対応してない、、、と気付いた場合でも条件を満たせば全額返金としているので、この辺は手厚いサービスだと思います。

他サービスと同じくアプリが提供されています。もはや全世界スマホが基準でアプリは必須のインフラですね。

最大の弱点は、テザリングに対応していないプランが大半を占めるところです。せっかくの無制限ですがeSIMをダウンロードしたデバイスでしか使えません。パソコンでHolaflyを使うつもりなら、eSIM対応のパソコンを持っていることが条件になります。

eSIMデータ容量の目安

じゃあ何GBを買えばいいんだ?と迷う場合は以下の目安があります。もちろん、ただの目安なので悪しからず。

メール・テキストのみ:約10万通
・添付ファイルあり:約2,000通
ZOOM・カメラなし:20時間
・カメラあり:約1時間
ネットブラウジング・約3,000ページ
Google Maps・約200時間
LINE・音声通話:約50時間
・ビデオ通話:約3時間
Instagram・1-2時間
(コンテンツの内容による)
X (Twitter)・約3時間
(コンテンツの内容による)
音楽ストリーミング・約10時間
Youtube・480p:約1時間

ZOOMなどのビデオ通話は同時に接続する人数や画質によって変動しやすく、ネットブラウジングやSNSなどはコンテンツの内容や画質によって変動しやすいのでご注意ください。

海外用買い切り型eSIMの注意点

何事も完璧なんてことはなく注意すべき点は存在するわけで、もれなくeSIMにもあります。デメリットも把握した上で活用するかどうかの判断は大切ですね。

キャンセル不可

基本的にeSIM購入後のキャンセルや返金は不可とされています。(Holaflyは基本プランにも返金対応あり)

オプションとしてキャンセル可能な機能を別途料金と共に付与しているサービスもありますが、通常プランではキャンセルができません。

一方で、買い切り型なので解約手続きが不要、新たにこ運輸しない限り追加の料金は発生しません。

基本的にダウンロードは一回だけ

eSIMサービスの多くは、ダウンロード(アクティベート)が1回限りです。(Ubigiは5回までの猶予あり)

一部のサービスでは、未使用のeSIMに限り、ダウンロード用のコードを再発行できますが、別途手数料が必要です。

一度ダウンロードしたeSIMで不具合が出た場合は、eSIMを削除して再ダウンロードしようとせず、必ずカスタマーサポートへ連絡するようにしましょう。

基本的に、いかなる原因であっても再発行や返金などの対応は取ってもらえないと思っていた方がいいです。

価格の安さというメリットはありますが、再発行や返金のサービスはないというデメリットがあります。

感覚的に航空会社のLCCに近いものがあります。価格や手軽さというメリットを享受する為に気を付けなければいけないことは出てきます。

関連記事:海外出張 LCC(格安航空)は移動手段としてありなのか 【LCCとFSCを簡単に比較】

eSIM対応デバイスが必要

eSIMが使えるデバイスがなければ使えません。また、スマホやタブレットはSIMフリーでなければいけません。

eSIMデバイスの用意やSIMロック解除の必要がある場合があります。

データ容量とは別に有効期限がある

データ容量に目が行きがちですが、買い切り型のeSIMには有効期限も存在します。

有効期限が切れてしまうと、データ容量が残っていたとしても使えなくなります。

特にデータ容量の大きいプランを選択する際は、有効期限をよく確認しましょう。

なんだかんだサポートは完璧ではない

キャンセル不可やインストール回数に上限があるなどもそうですが、安くて便利なサービスゆえに、シビアに削るところは削られています。

24時間365日対応のサポートと言っても、すぐに返信が来ない場合もありますし、対応するスタッフの質も均一性が確保されているわけではありません。

手っ取り早い解決策は、新規購入なんてこともあります。

もちろん、トラブルが起きないことの方が圧倒的に多いので、価格や手軽さとのトレードオフと割り切る心構えが大切です。

通信状況は滞在先に依存する

eSIMに限った話ではありませんが、現地の回線は現地の通信会社のものを利用しています。

国による違いもありますし、現地の通信会社による違いもあります。

eSIMサービスでもどうにもならないこともあるというのは理解しておきます。

eSIM以外にも使える通信方法はある

冒頭にも書きましたが、海外出張でコスパが良い従来の通信手段は主に2つでした。

さらに最近だとahamoのように海外でも追加費用なしで使える日本のキャリアサービスも登場しています。

それぞれのサービスに、eSIMには無いメリットもあれば、デメリットがあります。

eSIMの特色も含め、自分の状況に適したサービスを活用することが肝要です。

メリットデメリット
現地SIM・価格は最安
・通信状況は安定
・現地での契約なので難易度高め
・事前に準備できない
・稀にぼったくられる
海外Wi-Fiレンタル・事前に準備ができる
・サービスの選択肢が多い
・複数人でシェアしやすい
・スマホの電池を温存できる
・荷物が増える
・現物の受取、返却が必要
・充電が必要な機器が増える
日本のキャリアサービス・事前準備がほぼ不要
・荷物が増えない
・サポートが手厚い
・使用可能期間や容量の上限がある
・容量追加など価格が高い場合がある

まとめ

ということで、お手軽eSIMサービスの紹介でした。

通信状況を整えておけば、現地でスムーズな行動を取ったり、待ち時間に暇を潰せたり、ストレスフリーな海外出張に繋げることができます。

個人的には、一つの手段にこだわる必要はないと思うので、良さげなサービスや通信手段をあれこれ試して自分なりの最適解が発見できたらいいと思います。

以上、最後までありがとうございます。

-海外