【景品表示法に基づく表示】当サイトのコンテンツには商品PRが含まれます。
When you buy through links on our site, we may earn an affiliate commission.

海外

インドネシアの商用目的到着ビザ ”e-VOA (B2)” の取得方法【オンラインで完結って最高かよ】

先日、かなり久しぶりにインドネシア出張に行ってきました。

インドネシア入国にはビザが必要ですが、日本国籍の人は到着時に申請できる到着ビザ "Visa on Arrival"(略称は"VOA")が認められています。

このVOA、インドネシア領事館で事前申請などは要らず直接現地にいけるお手軽さはあるものの、到着するタイミングによって長蛇の列に並ばないといけません。

並ぶのきついなーとぼやいていると、「到着ビザってオンライン申請できるようになったよ」とインドネシアによく行く知人からの指摘が。

いつの間に?と驚愕しつつ早速申請してみると、これがめちゃくちゃ簡単でした。

何を今更と思われるかもですが、この感動を皆と共有したいというのが今回の内容です。

ということで、インドネシア出張に便利なe-VOAの取得方法をまとめました。

2024年4月の情報をもとに書いています。情報の取り扱いには細心の注意を払っていますが、誤りがあり訂正や削除の必要がある場合は調査の上、速やかに対応します。問い合わせ先は下記です。

問い合わせフォーム

海外出張の準備から滞在中まで、押さえておきたいポイントを下記にまとめています。海外出張が不慣れだという人のお役に立てれば幸いです。

関連記事:海外出張 準備から現地滞在中まで完全ガイド

オンライン申請できるインドネシアの商用ビザの種類

ひとまずオンライン申請可能なビザのご紹介からです。

2024年4月現在(横にスクロールできます)
ビザの種類タイプ入国可能回数商用目的
e-VOAB1回商談・契約交渉・会議
シングルC1回目的別に数種類有り
マルチプルD複数回目的別に数種類有り

ビザのタイプごとにアルファベットが割り振られ、アルファベットの次に許可された活動に応じて数字が割り振られます。商用目的のe-VOAであればB2という感じ。

e-VOAは、商談などの一般的なビジネス用途に限られていますが、シングルとマルチプルは商用目的別に数種類のビザが用意されています。

*今回は商用ビザに焦点を当てていますが、もちろん観光目的でもオンライン申請可能です。

商用目的e-VOA "B2"について

商用目的e-VOA “B2”について
引用:The Official e-Visa Website for Indonesia

商用目的e-VOA "B2"の情報は以下の通りです。

2024年4月現在(横にスクロールできます)
ビザの種類e-VOA
タイプB2
入国可能回数1回
滞在可能日数30日間
(30日間の延長可)
有効期間取得日から60日以内
費用IDR 500,000
商用目的一般的な商談・購買
必要要件・パスポート残存有効期間が6ヶ月以上
・インドネシア出国便のチケット

○ e-VOAは一度だけ延長可

e-VOAでのインドネシア滞在可能期間は30日間です。

ただし、一度だけ30日間の延長が可能です。

*私自身は延長したことがないので実態は把握できていません。インドネシア政府の公式サイトには30日間延長の記載があります。

○ e-VOAの取得タイミング

一度入国すると再入国できません。また、有効期間は取得日から60日以内なので、入国予定日の60日超前に申請しないようにしましょう。

○ e-VOA "B2"で可能な活動の詳細

e-VOAで可能な活動は次の通りです。

  • 商談などの打合せ、購買に関する活動(事務所または生産限での購買品の確認など)
  • 契約に関わる打合せ・交渉、契約の締結
  • 観光、知人や家族との面会
*技術や品質向上の指導などを目的とする生産現場訪問は認められていません。購買の是非の判断など、購買に関わる検品のみが認められています。

e-VOAの取得方法

The Official e-Visa Website for Indonesiaからe-VOAの申請が可能です。

準備するもの

e-VOA申請の為に以下の準備をします。

準備するもの
  • パスポート写真
    • 光の反射やぼやけがないこと
    • 指などでパスポートが隠れていないこと
    • 写真が横向きや逆さになっていないこと
    • スマホの撮影でOK
    • 詳細は公式サイトを参照
  • 顔写真
    • 光の反射やぼやけがないこと
    • 指などでパスポートが隠れていないこと
    • 写真が横向きや逆さになっていないこと
    • スマホの撮影でOK
    • 詳細は公式サイトを参照
  • PDF化したパスポート画像
  • PDF化した帰国便eチケット
  • クレジットカード(3Dセキュア対応)

アカウント作成

まずはアカウントを作成します。

*アカウント作成しなくてもe-VOAの申請に進めるのですが、メールアドレスの項目で躓きました。アカウント作成すると問題なくビザの取得ができたので、アカウント作成する方が良さそうです。

1. アカウント作成画面へ

下記画像の順にページを進めるとアカウント情報の入力画面に移ります。

アカウント作成画面へ 1
アカウント作成画面へ 2
アカウント作成画面へ 3
引用:The Official e-Visa Website for Indonesia

2. アカウント情報の入力

下記のように情報を入力します。

2024年4月現在(横にスクロールできます)
Personal Information
Document Type"Passport"を選択
Biography Passport Pageパスポート写真をアップロード
Photo顔写真をアップロード
Full name名前を入力
Sex性別を選択
Place of Birth出生地を入力
Date of Birth誕生日を入力
Phone Number電話番号を入力
(日本の国番号は"+81")
Mothers Name母親の名前を入力
Document Information
Document No.パスポート番号を入力
Nationality国籍を選択
Date of Issueパスポート発行日年月日を入力
Date of Expiryパスポート有効期間満了日を入力
Issuing Countryパスポート発行国を入力
Account Information
Emailメールアドレスを入力
Email Confirmationメールアドレス確認用入力
Password任意のパスワードを入力
Confirm Passwordパスワード確認用入力
*"Mothers Name"が母親の名前が正しいのかは正直自信がありません。海外の銀行などで、本人確認情報の一つとして母親の旧姓"Mother’s maiden name"を聞かれることがあります。今回は直訳で母親の名前で申請し、ビザが取得できたので母親の名前としました。
*メールアドレス入力は小文字も大文字表記されますが、確認画面に移ると小文字表記になり問題なくアカウント作成できます。アカウント無しでのビザ申請時も同じ現象が発生しますが、こちらはメールアドレスにエラーがあると次の画面に移れず、結局申請できませんでした。

3. アカウントのアクティベート

情報の入力を終えると登録したメールアドレスに"Activation Confirmation"なるメールが届きます。メールの指示に従ってアクティベートすると登録完了です。

e-VOAの申請

e-VOAの申請
引用:The Official e-Visa Website for Indonesia

アカウントができたらビザの申請です。

1. 渡航目的・ビザの種類を選択

下記のように選択します。

2024年4月現在(横にスクロールできます)
項目選択
The main purposeInvestment, Business, or Gorvernment
The sub purposeBusiness, Meeting, and Goods Purchasing
VisaB2

2. 渡航情報の登録

下記のように情報を入力します。

2024年4月現在(横にスクロールできます)
Visa Type Information
Payment Typeクレジットカードを選択
Personal Information
Full name名前を入力
Sex性別を選択
Place of Birth出生地を入力
Date of Birth誕生日を入力
Phone Number電話番号を入力
(日本の国番号は"+81")
Document Information
Document Type"Passport"を選択
Document No.パスポート番号を入力
Nationality国籍を選択
Date of Expiryパスポート有効期間満了日を入力
Issuing Countryパスポート発行国を入力
Address in Indonesia
Residence Type"Hotel"を選択
Addressホテル住所を入力
Postal Codeホテル郵便場号を入力
Main Document
Passport Valid for at Least 6 MonthsPDF化したパスポート画像をアップロード
Return TicketPDF化した帰国便eチケットをアップロード

3. ビザ費用の支払い

入力渡航情報の確認を終えるとビザ費用の支払いです。

支払いはクレジットカードで行いますが、3Dセキュア対応でなければいけません。

*支払い完了後に入力情報に誤りがあっても返金はありません。新たにビザ申請と費用の支払いが必要になるのでご注意ください。
ビザ費用の支払い 1
ビザ費用の支払い 2
引用:The Official e-Visa Website for Indonesia

上記画像の順にページを進め、申請ビザのリストを表示します。

該当するビザの"Transaction Number"の数字をクリックすると該当ビザの詳細情報が表示されます。

詳細ページの下部へスクロールすると"Payment Information"という項目があり、"Make a payment"をクリックしてビザ費用の支払いをします。

エラーなどが発生した場合に備え、支払い完了画面は保存しておきましょう。

e-VOAの取得

支払い完了後にビザの承認が下りると、先ほどの申請ビザリストの該当ビザの"Status"が"Approved"になります。

承認後は、登録メールアドレスにe-VOAの書面が添付されたメールが届きます。また、申請ビザリストの画面からe-VOAをダウンロードすることもできます。

まとめ

事前にオンライン申請することで、申請の手間や到着時の時間を節約できます。

インドネシア出張の際は、オンライン申請は検討の価値有りだと思います。

ちなみに帰国後に知ったのですが、入国時の税関もオンライン申告ができるようです。

次回は、こちらも活用してみたいと思います。

以上、最後までありがとうございます。

-海外