【景品表示法に基づく表示】当サイトのコンテンツには商品PRが含まれます。
When you buy through links on our site, we may earn an affiliate commission.

海外

海外で入国審査や税関ってなんか緊張しない? 手続きの流れや注意点を確認

悪いことしてないのにドキドキする必要あんの?って思う人がいるかもしれませんが、入国審査や税関って軽く緊張するイベントな気がします。

自国を守る為なので職員の人は厳ついオーラがビンビンです。

流暢に話せる同行者がいても、審査の時ばかりは己一人で乗り切らなければなりません。

上手く答えられないうちに別室へGOとか言われたらと思うと不安になるのも仕方なしです。

ということで、こんな感じが分かる内容です。

  • 入国審査や税関の流れが知りたい
  • 英語が話せないけど必要なフレーズを知りたい
  • 入国審査が不安だけど大丈夫?

職員の人も英語や現地の言葉が流暢でない人とも日常的に対応するので慣れています。

言語に自信がなくとも大丈夫です。

正確に簡潔に必要なことだけを話すことが重要です。

細かい話は目次の後です。

なお、滞在先ごとに入国審査に必要な物、違法な物や持込量の上限などは違いますし、入国審査の対応も一例です。

出発前にご自身で事前の確認をお願いいたします。

入国審査や税関が厳しい

入国審査や税関が厳しい

個人の感想ですが、入国審査や税関の職員の人は厳ついイメージです。

淡々と無表情で質問を繰り出されると、「この問いに誤ったら連行される、、、?」みたいな感覚に襲われます。(私だけでしょうか、、、?)

とはいえ、自国に不利益を水際で防ぐという職務を考えると毅然とした態度でいるのは当然です。

当然だよなぁと、気負いすぎずに正確に質問に答えていきます。

(私は行ったことがないですが、ハワイなどの観光が主産業の職員の人はフレンドリーらしいです。)

ただし、通常よりも厳しめな職員がいたり、その国の情勢によって入国審査が厳しくなっていたりする場合もあります。

嘘は絶対ダメですが、必要以上の情報を伝えると職員の解釈次第で別室での調査やスムーズに入国できなくなる場合もあるので、こちらも簡潔な回答を心掛けるのが吉です。

入国審査と税関の流れ

入国審査と税関の流れ

滞在先に到着してから税関までの流れは次の通りです。

おおまかな流れ

  1. 出入国カード、税関申告書を書く(不要な国もある)
  2. 入国審査場に行く
  3. 入国審査窓口で必要書類を提示し質問に答える
  4. 預入荷物を受け取って税関を通過する

出入国カード、税関申告書を書く

出入国カード(Immigration card)

出入国カードは、入出国時に自分の情報を記載して提出するカードで、氏名、生年月日、国籍、パスポート番号、住所、出発地、便名、滞在先などを記載します。

入国用と出国用がセットになっていて、滞在先入国時に両方にスタンプが押されます。

滞在先出国時は、スタンプが押された出国用を提出します。

税関申告書(Customs Declaration)

税関申告書は、申告が必要な物の有無や種類、量などを記載する書類です。

氏名、生年月日、国籍、パスポート番号なども一緒に記載します。

どちらも滞在先に向かう機内で渡されることが一般的ですが、それぞれ入国審査場、税関にも置かれています。

もしも、出発地が日本で、かつ外国語が苦手な場合は、機内でもらうようにします。

国によっては日本語版があるので、スムーズに記載できるかもしれません。

その他注意点は、ペンは置いてないことが多いので海外に行く際は持参するようにします。

ただし、出入国カードと税関申告書は、片方あるいは両方とも不要な国があります。

ウェブで調べられるので、事前に確認しておくといいです。

入国審査場に行く

到着したら、「Arrival」の表示を目印に入国審査場に向かいます。

入国審査場の表示は、「Immigration」や「Passport Control」です。

入国審査窓口は大きく2種類あり、自国民用と外国人用に分かれています。

外国人用の窓口の表示は、「Foreign Passport」や「Non Residents」、「All Passport」などです。

窓口の表記は国ごとでまちまちなので、「Foreign(外国の)」や「All(全ての)」といった表記を目印にするといいかもしれません。

(大抵は窓口前が行列になっているので、多種多様な人種が並んでいる列を目印もあり?かも)

入国審査窓口で必要書類を提示し質問に答える

自分の番が来ると高確率で、怒られてる?と勘違いできる勢いで「Next!!」と呼ばれるので、その窓口に向かいます。

パスポートやビザなどの必要書類を提示し、入国審査職員の質問に回答します。

入国審査の詳細は、次項の「入国審査時によくあるやり取り」で説明します。

質問が終わると職員がパスポートと出国カード(ある場合)にスタンプを押してくれます。

これで入国審査は完了です。

預入荷物を受け取って税関を通過する

預入荷物があれば受け取ります。

荷物が全て揃ったら、パスポートと記載済みの税関申告書を持って税関に向かいます。

税関は、「Goods to declare」(申告物有り)と「Nothing to declare」(申告物無し)に分かれています。

Goods to declare(申告物有り)

滞在先の法律で申告が必要な物を所持していれば「Goods to declare」(申告物有り)に進み、パスポートを提示し、税関申告書を提出します。

その後、カバンの中身チェック、申告手続き、X線検査などを行います。

Nothing to declare(申告物無し)

申告物を何も所持していなければ「Nothing to declare」(申告物無し)に進み、パスポートを提示し、税関申告書を提出します。

その後、X線検査を行います。

X線検査時に、疑わしい影有りと職員が判断するとカバンの中身チェックになりますが、何もなければそのまま通過します。

上記1〜4が完了すると、ようやく空港の外に出られます。

入国審査時によくあるやり取り

入国審査時によくあるやり取り

入国審査時にありがちな会話や質問をまとめます。

全てのやり取りが必ずあるわけではないですが、頻度の高いやり取りたちです。

初めに、ありがち質問を一覧表にまとめます。

他の表現もあるので一例に過ぎませんが、早見表的に使えればと思います。

職員の質問こちらの回答
・May I see your passport?(パスポート見せて)

・Passport(パスポート見せて)
・Here you are(どうぞ)

・Here it is(どうぞ)
・What’s the purpose of your visit?(滞在目的は?)

・Why are you here?(滞在目的は?)

・Business or pleasure?(仕事で来た?それとも観光?)

・Are you a student?(学生さん?)
・For business meeting(商談で来ました)

・For sightseeing(観光で来ました)

・For business conference(会議で来ました)

・No. I’m a tourist(いいえ、旅行者です)
・How long are you staying here?(滞在期間は?)

・How long are you going to stay?(滞在期間は?)

・When are you leaving?(いつ帰るの?)
・One week(1週間です)

・10 days(10日間です)

・22nd December(12月22日です)
・Do you have a return ticket?(帰りのチケット持ってる?)

・Have you booked a return flight?(帰り便は予約済み?)
・Yes. Here you are(はい。これがチケットです)

・Yes. Here you are(はい。これが予約票です)
・Where are you staying?(滞在場所は?)・XXX hotel(XXXホテルです)
・What do you do?(職業は?)

・What’s your occupation?(職業は?)
・Office worker(会社員です)
・Public officer(公務員です)
・Are you travelling alone?(一人旅?)

・Are you travelling by yourself?(ボッチ旅?)
・Yes(はい)

・Yeah…(はい、、、)
・How many times have you been here?(何回来たことある?)・First time(初めてです)

パスポート見せて

キーワードは「Passport」です。

「Passport」という単語が聞こえたら、パスポート見せろと考えてほぼ間違い無いです。

ビザなどの滞在用の必要書類も一緒に提示するといいです。

提示する時に何か言わないとダメということではないですが、「Here you are」(どうぞ)みたいな感じで渡す方が、人間味があっていいと思います。

実際のとこですが、ほとんどの人は入国審査窓口に行くなりパスポートを提示すると思うので、言われることはほぼないと思います。

ちなみに、国によっては顔や指紋の登録や認証を行う場合があります。

案内にしたがって、カメラや指紋認証で作業を行います。

「Camera」や「Finger」がキーワードになりますし、画像や動画の案内があれば、その通りに進めます。

滞在目的は?

キーワードは「Why」「Purpose」など理由を尋ねる言葉です。

なんで来たの?と滞在目的を訊かれています。

日本のパスポートだと、ビザ不要か簡易的な滞在ビザで入国できる国が多いです。

一般的には、短期滞在で、観光か商用(現地就労ではない)目的の人のみに適用されます。

それ以外の人は、国ごとに定められた適切なビザの取得が求められます。

目的を聞かれ、仕事目的と答えようとして、「For work」とか「For job」とか答えると、就労目的で来たと勘違いされる可能性があります。

「For business meeting」(商談)のように、就労目的ではないことが分かりやすい伝え方を心掛けるとトラブルが少ないです。

伝わらなければ補足説明で、と考えるのはおすすめしません。

最初の発言から矛盾があると考えられる場合があり、詳しく調査する対象とみなされる可能性があるからです。

そんな時は、さっき答えただろという質問が再三繰り返されます。

何度も同じ質問をして、矛盾などの綻びがないかと確認する為です。

こちらとしては、不法就労などを行う気はさらさらないのに、、、と思っても、入国審査の職員からすれば、こちらの考えや気持ちが分かるはずもありません

今目の前で起こった事象を客観的に捉えて判断するしかありません。

相手に誤解を与える可能性がある発言は控える方がトラブル少なめです。

関連記事:期待するって身勝手じゃない? 期待しない・されない平穏な生き方

他にもワーキングホリデイビザのような観光が主目的だけど、就労も学校も行けるビザも注意が必要です。

本来は問題ないビザですが学生ビザではないので、「To study」(勉強目的)みたいな回答を入管審査の職員が勘違いしてしまうと、「学生ビザじゃないじゃん!!」と猛烈質問タイムに突入してしまうかもしれません。

面倒ごと避けるなら「For sightseeing」(観光)のような回答が無難です。

滞在期間は?

キーワードは「How long」「How many days」など期間を尋ねる言葉です。

滞在期間を訊かれています。

「When are you leaving here?」「When are you going back?」の様に、いつ此処を発つの?、いつ帰るの?と若干変化球で訊かれる時もあります。

こちらも不法滞在などを見抜く為と思われます。

ホテルや帰り便を手配せずの長期滞在は、そのまま不法滞在されるケースがあるからみたいです。

もしも、長期滞在になる場合は、下記の様な客観的に不法滞在でないことを証明できるものを持参すると説明が楽です。

  • 帰り便の予約票
  • 現地会社とまとめた出張スケジュール表
  • 現地のアクティビティの予約票

もちろん、予定なしの自由な旅など、帰り便や長期滞在場所を確保していない場合も入国できないわけではありません。

きっちり説明すれば追い返されることは少ないと思いますが、普段よりも質問タイムが長めになる覚悟は必要です。

各国とも年々、不法滞在などの対策を進めており入国審査が厳格化してきています。昔は多少勢いで乗り切れることもままありましたが、そういう時代ではなくなってきているのかなと思います。

帰り便は予約してる?

キーワードは「Return」や「Back」など「戻る」を示唆した言葉です。

帰り便を手配してる?と確認されています。

こちらも不法滞在など不法行為をはたらかないかを意識してのものと思われます。

特に短期条件での入国をする場合は、帰り便を予約していないと不審がられる時があります。

国によっては、帰り便の予約、または帰り便を予約するのに十分な資金の証明を求められることもあります。

短期の旅行や出張で旅程が決まってないとかある?という疑問は当然と言えば当然です。

帰り便を予約していたら、予約票を見せると早いので用意しておくと楽です。

関連記事:海外出張 LCC(格安航空)は移動手段としてありなのか 【LCCとFSCを簡単に比較】

滞在場所は?

キーワードは「Where」と「Stay」です。

どこ滞在すんのかを確認したい質問です。

見知らぬ土地に行くのに拠点を作らないとかある?という、こちらも納得な疑問ではあります。

やはり不法行為をはたらかないかをチェックする為の質問かと思います。

ホテルを予約していれば、予約票を見せれば話が早いです。

友人宅など宿泊施設ではない時は、住所や友人の連絡先などを求められるかもしれません。

友人の個人情報なので、個人の判断で勝手に教えられるものではないので、事前に友人の確認を取っておくといいです。

職業は?

キーワードは「Occupation」、もしくはシンプルに「What do you do?」です。

職業が何かを訊いています。

訊かれる頻度は比較的低く、故に油断していると不意を突かれる質問です。

バックパッカーなど、長期的に自由度の高い旅をしていた時に何度か訊かれたことがあり、どうやって旅の資金を捻出しているんだと確認されました。

おそらく、不法就労で資金を捻出していないか疑われていたのだと思います。

同行者はいる?

キーワードは「Alone」「By yourself」「With your friends」など、「一人」「〜と一緒」を意味する単語です。

何度か訊かれたことがありますが、特に続く質問はありませんでした。

もしかしたら、同行者がいる場合、そのグループで矛盾がないか、怪しいところがないかを判断しようとしていたのかもしれません。

あるいは、この質問だけで判断するというより、その他の質問と組み合わせて矛盾点がないかを調査しようとしていたのかも。

何回来たことある?

キーワードは「How many times」「Have you been」など、回数や経験を尋ねる言葉です。

繰り返し訪問している国で訊かれることが多いと思います。

一般的にビザ無しやアライバルビザは、繰り返し入国することを目的としたビザではありません

もしも仕事での滞在であれば、複数回の入国が可能になる商用数次ビザ(マルチビザ)など適したビザがあるので、取得を検討するのがいいかもしれません。

数次ビザは、滞在国の会社の紹介状や招待状が必要なことが多いので取引先に相談してみます。

入国審査や税関で気を付けたいこと

入国審査や税関で気を付けたいこと

入国審査や税関での質問はリラックスしてもらう為に出されるもんではございません。

彼らの職務を遂行する為の質問です。

一つ一つの質問は、嘘つかれても分かんなくね?と思えるようなものですが、組み合わせて矛盾がないか。同じ質問を繰り返して矛盾がないか。などを探る為に繰り出されます。

なので、嘘はもちろんのこと、テキトーな回答もよろしくありません

辻褄が合わなければ突っ込まれます。

分からない質問になんとなく回答はせず、しっかり聞き返します。

回答する時には、正確に簡潔に必要なことだけを伝えます。

もしも質問が上手く聞き取れない時には下記のように、聞き返したり、英語が苦手なことを伝えたりすればいいです。

  • 「Sorry?」(すみません、もう一度お願いします)
  • 「I’m not good at English」(英語が得意ではありません)

簡単な表現や話し方をしてくれると思います。

また、こちらは筋の通る話と思っても、応対する職員が矛盾と感じてしまえば、矛盾した話になってしまいます。

判断を下すのは相手なので仕方ありません。

英語や現地の言葉が達者でなければ、冗長的な表現は用いず簡潔に伝えるとトラブル少なめだと思います。

まとめ

入国審査や税関の流れをおさらいします。

おおまかな流れ

  1. 出入国カード、税関申告書を書く(不要な国もある)
  2. 入国審査場に行く
  3. 入国審査窓口で必要書類を提示し質問に答える
  4. 預入荷物を受け取って税関を通過する

入国審査や税関の職員の人は自国に不利益が出ないように目を光らせています。

その為、厳つ目な対応をせざるを得ないのは仕方がありません。

決して意地悪しようと質問をしてるわけではないです。

なので、こちらも正確に簡潔に必要なことを話せばトラブルなく入国を完了できると思います。

以上、最後までありがとうございます。

-海外